ドル円1PIPS固定でオススメ!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

逆アクセスランキング

Google PageRank
アクセスランキング
リンク
  • FX勝ち組の投資参考書籍本
  • FXブログ
  • レッドソックスブログ



  • 無料優良出会い系

  • 無料出会い系サイト
  • 定額制携帯出会い系サイト
  • 定額制出会い系サイト
  • 女性無料出会い系サイト
  • 出会い系無料サイト
  • 無料出会い
  • 女性無料出会い系
  • 定額制出会い
  • 定額制優良出会い
  • 出会い系無料人気サイト
  • 無料出会い系サイト一覧
  • サクラなし優良出会い系
  • 無料出会い系サイトランキング
  • 介入

    「介入」って、キーワードが意味がわかりにくいかもしれません。一般的には、「平衡操作」とも呼ばれる売買のこと。

    介入がささやかれるようになると、決まって言い出すのが、「外国為替市場において経済実態を反映しないような相場の急変動」があったときには、中央銀行(日本の場合日銀)が相場を安定させるために行う為替売買のこと。

    実態を反映しない相場の動きは、実質的にお金を印刷しまくれる中央銀行が、反対売買することにより安定する傾向がある。
    例えば日銀が相場を安定させるため円を買うことを「円買い介入」、逆に円を売ることを「円売り介入」という。円高傾向が続いている20年以上の間、介入と言えば、「円売り介入」であった。デフレが20年以上続いたことで、円が、各国通貨に対しずっと円高で推移していた経緯から。

    1国だけで行う単独介入と複数国で行う協調介入、他の中央銀行に頼んで介入をしてもらう委託介入もあります。協調介入に関しては、リーマンショック後、各国が自国の事情を優先しなければならなくなり、協調介入への調和は行われていない。単独での介入がほとんどである。

    アベノミクス

    2012年政権を握っていた民主党が解散を表明。12月16日の総選挙にて自民党が294議席を獲得して圧勝した。

    政権与党に復帰。2012年12月26日に、内閣勝利大臣に選出された安倍晋三。第二次安倍内閣が誕生。すぐさま、一連の経済政策が発表された。安倍とエコノミクスを合わせた造語である。ミクス系で一番有名なのは、アメリカの大統領レーガンが行ったレーガノミクスである。アメリカのその後経済成長に大きく寄与したと言われている。

    アベノミクスの中のキモは、金融政策である。白川日銀総裁の次に黒田日銀総裁が就任。一気に、量的緩和を推進する。インフレ目標。を設定。白川総裁が在籍寺は、まったくなにもしなかった部分が多く、不満がたまっていたところに、無制限の量的緩和をはじめた黒田総裁の戦略に、まず為替が反応した。

    1ドル80円前後で推移していた為替レートが、円安に加速。2013年5月には、1ドル103円になった、株式市場もつれて反応。日経平均株価も、8000円前後で推移していたが、急騰し、一時15500円を超えた。この上昇幅は未希有のレベルだったためマーケットに与えるインパクトはまさに大きく、日本の主幹産業である輸出業、とくに自動車産業が大きく潤うこととなった。

    量的緩和の効果は大きく、日経平均株価、百貨店売上高の上昇、年金積立金の運用実績の大幅改善をもたらした。特にマーケットの上昇で、1億円以上の収入の増加した人が、全国で続出、ネットでも話題となった。

    黒田東彦日銀総裁は、日本経済にとって最大の課題はデフレからの脱却と述べており、15年もデフレが続いているのは以上だと。そして、日本がデフレから脱却することがアジアにも世界経済にとっても正しい、と述べている。

    いままで、政府と日銀の意見が合致することがすくなく、犬猿の仲状態だった歴史があるから、共同声明は市場に好意的に受け取られたことが一番大きいと思われる。一般庶民にとっては、デフレ時代の方が、モノの値段が安く、運用の技術の差も大きく影響しなかったデフレ時代のほうが良かっただろうとの意見も一部ではある。実際、庶民のサイフは、マーケットの上昇によって膨らんだ形跡はほとんどない様子。しかしながら、アベノミクスによって、徐々にではあるが、円安にもなり、輸入しているエネルギー価格の上昇によって、公共料金含めたさまざまなモノの値段が上がることになるだろう。

    ギリシャ危機

    ギリシャ危機といわれて、もう数年経ちます。2009年政権交代が起こり、財政赤字をごまかしていた、わかりやすくいうと粉飾決算と同じ形で発表していた。あからさまになったことで、債務がべらぼうに多いってわかって、国の財政が危機に瀕したということなのです。問題がギリシャだけじゃなく、ヨーロッパ諸国に波及したのは、ギリシャがユーロ加盟国だから。ユーロ度導入前の、通貨だったなら、ギリシャ国内の、ある程度の多くの部分では、国内問題となっていたんだろうけど、そうじゃなくなってしまった。財政が厳しいとなると、国債の価格が下がる。国債の価格が下がると、ギリシャ国債を買っているいろんな機関が損をする。株価が下がる。ユーロも下がる。悪循環。ギリシャをデフォルトすれば、ユーロ全体に波及するので、欧州連合が総力を挙げて、中央銀行もギリシャ国債を買い支えてしのいでいる状況。しかし、ギリシャ国内も経済が混乱していて、政治も混乱。ユーロ圏継続するのやら、ユーロ離脱し債務放棄してやり直すのか・・・揺れに揺れていてもう収集が全く付かなくてどうなるかは全く誰もわからない状況となっている。スペイン・ポルトガルも財政赤字に苦しんでいる状況で、各国の運営ともに難しい。

    固定為替相場

    固定為替相場とは、為替相場を固定すること。通貨のレートを固定にすること。

    経済的な基盤ができていない国や、破綻後の立ち上がり途中の国等の不安定な状況にある時には、変動相場制だと経済変動が大きいため、為替レートも大きく動くことになり、そうなると経済活動に多き浮く影響を及ぼすこととなり、実際の経済や貿易活動以上に不安定になってしまう。また、最近ではヘッジファンドの台頭により、取引規模が小さな国の通貨なら、資金を一気に投入しレバレッジをかけ、一方向に動かすことも実質可能な時代になってきているため、変動相場制にしているリスクが非常に大きくなる。そうゆうリスクを避ける意味でも、固定相場制の採用は、ひとつの意味のある選択ともなりうる。

    実際、固定相場制をとっている国は意外に多い。固定相場制にはドルなどの特定の通貨との連動するペッグ制とか、複数通貨平均値との連動させる通貨バスケット制などがある。

    変動相場制を採用している為替相場における通貨を取引さする際も、流動性のある通貨取引が好ましいのはよく言われていることである。流動性が少ないほど取引リスク(価格変動リスク)が大きくなることも理解しておく必要がある。

    ロンドンフィックス(ロンドンフィキシング)とは

    日本時間午前0時(ロンドン冬時間の場合は午前1時)。
    この時間に
    ロンドンフィックス(ロンドンでの仲値)の発表があります。。
    投資信託を設定する場合に基準となるレートが発表されます。

    ロンドンフィキシングなどとも呼ばれ、
    この時間に向けて為替が大きく動く場合がよくあります。

    「ロンドンフィックスにむけユーロ買いの噂」
    「ロンドンフィックスにむけクロス円買いの思惑」とか
    マーケットニュースに流れることもあり。

    この時間の前後の時間帯の為替の動きには要注意です!

    基軸通貨

    基軸通貨は、現在アメリカドルのことを指す。ユーロドル相場が1.6とかの際には、アメリカドルの基軸通貨変更というか実質的にユーロにとか、米ドルとの併用にとか、マスコミ、新聞を賑わし各国でそんな議論が交わされた。アラブの一部の国では、決済通貨の一部をユーロにした国もあるそうだけど、その後ユーロドル相場が崩れ、ギリシャショック等々によるユーロの下落により、米ドルの基軸通貨変更の是非敵論議はまったくいわれなくなってしまった。

    一応、基軸通貨として主に以下の3つの要件が挙げられる。

    1.国際間の貿易・資本取引に広く使用される決済通貨であること。

    2.各国通貨の価値基準となる基準通貨であること。

    3.通貨当局が対外準備資産として保有する準備通貨であること。

    というわけで、現在は米ドルが基軸通貨とされている。英ポンドから米ドルに変わったようにいつの日か、米ドルからどこかの・・何かの通貨、、あるいは貴金属とかに変わる日があるのかもしれない。

    ユーロドル

    ユーロドルが現在1.4440 
    本日、ギリシャのS&P格付けがCCCになったそうな・・・
    スタンダード&プアーズの国の格付けでは最低ランクらしい。
    たしかに見たことがないよCCCって。。。
    限りなく債務不履行する確率が高いってことなんだろうけど、債務不履行になるんだろうなあ・・・・
    ユーロの前は、たしかドラクマだったなあ・・・
    懐かしいな、なんとか元に戻せばいいのにって素人考えだけど、無理か・・・・だなあ・・・。

    豪ドル

    豪ドルはいったい対ドルでどこまでいくのだろうか・・・・
    マーケットのベテラン市場関係者だけじゃなく個人投資家も「気になっているところ。
    1アメリカドルが1.06オーストラリアドルなんだものね・・・。
    それだけ、アメリカが金融緩和しまくってドルを印刷しまくったら、世界中でドルの価値が安くなっちゃった。ってアタリマエのことなんだろうけど、そのかわり、余ったドルが商品相場や株に行きまくっちゃって・・・・
    リーマン・ショック前と変わらないような気がするんだけど・・・・
    結局またバブルがどこかで破裂して、経済ぶっこわし、生活ぶっこわすんだろうなあ・・・・

    ドル円

    ドル円長期トレンドはいったいどこまで続くのだろう。
    124円から続くドル安円高。。。
    いまだに泊まる気配がないし、デフレ続きで円高だし、FRBはドル印刷しまくりでドル安だし・・
    ドル印刷はアメリカ金利上げで、少なくなるんだろう・・・・とも思うが・・・。
    しかし、デフレが未だ泊まる気配ないから、円高はつづきそうなきがするなあ。

    キャピタルゲインとは

    キャピタルゲインとは
    キャピタルゲイン(Capital gain)とは、価格変動に伴って生じる売買差益のこと。
    譲渡益・資本利得と訳される。

    FXでは、為替レートの変動を利用した売買での利益のこと。